メンテナンス

ガソリンスタンドで洗車をオススメする理由はコスパがいいから

この記事では,ガソリンスタンドでの洗車についてまとめています

車が汚れてきたから洗車せなかんけど,手洗い洗車は面倒だし…

その悩みを解決するのが,ガソリンスタンドでの洗車です!

ガソリンスタンドで洗車することをオススメする理由がわかりますよ!

写真提供:馬琴(まこと)さん

Instagram Twitter

NDロードスター ブログ S SSP SLP RF ソウルレッド
車のメンテナンス記事まとめ このページでは,車のメンテナンス記事をまとめています NDロードスターのエアコンフィルターを空気清浄機レベルにする ht...

ガソリンスタンドでの洗車の種類

ガソリンスタンドに限りませんが,洗車の方法は機械洗車と手洗い洗車がありますね

機械洗車はまさに文明の利器です

機械洗車の流れ

それまで手で洗うしか選択肢がなかった車ですが,洗車機というものが発明されてからはとてもラクに車を洗うことができるようになりました

洗車機の中でぶるんぶるん回っているブラシは,布やスポンジ製ですね

洗車機の使い方はガソリンスタンドによりますが

ドライバーが洗車機のコースを選ぶ(セルフ式ガソリンスタンドではドライバーが機械にお金を投入しコースを選ぶ)

ガソリンスタンドの店員さんが洗車機に車を移動させる(セルフ式ガソリンスタンドはドライバーが移動させる)

ガソリンスタンドの店員さんが車の水滴を拭き上げる(セルフ式ガソリンスタンドは自分で拭く)

といった流れです

手洗い洗車の流れ

ガソリンスタンドで洗車機より高い手洗い洗車を選ぶセレブな人は少なくなっていると思いますが,手洗い洗車の一例をご紹介します

車全体に水をかけて,汚れを流す

洗剤をこれでもかというほど泡立てて,上から下の順に洗っていく

洗車機のブローを利用して水滴を飛ばし,拭き上げる

多くのお店が,ムートンというフワフワなスリッパのようなものを手に装着して洗っています

洗剤で洗う際には,泡のうわずみをムートンに取ります

洗剤を泡立てたバケツの底にムートンをつっこむと,底に溜まっていく汚れや砂をムートンに付けてしまい,汚れや砂で車をキズつけてしまう可能性があるので注意します

ガソリンスタンドの洗車機だろうと手洗い洗車だろうとキズは付く

洗車機より手洗い洗車のほうがキズが付かないイメージがありますよね

ですが,洗車機だろうが手洗いだろうがキズは付いてしまいます(ただし見えないレベルの微細なキズです)

表面を擦る以上,キズが付くのはしかたないことなんですよね

では,ガソリンスタンドで洗車をしようとすると,洗車機か手洗い洗車(高いですけどね)かを選べるのはなぜか?

どうせキズ付くのであれば,どっちでもいいですもんね

それは,すみずみまで車を洗えるかどうか?に違いがあります

洗車機だと,どうしても細かいところまで洗うことができないですからね~

ガソリンスタンドでの機械洗車・手洗い洗車のイメージと現実

ガソリンスタンドの洗車機や手洗い洗車に対するイメージと実際を見ていきましょう

洗車機へのイメージと現実

洗車機によくあるイメージと,実際のところはどうなのでしょう

洗車機はキズが付く

上に書きましたが,洗車機だろうと手洗い洗車だろうと車のボディにキズはつきます

洗車機も改良されており,昔よりもキズがつきにくくなっています

ですので,もし洗車機でキズがつくとしたら,ワイパーなどに挟まっていた小石を巻き上げてしまってキズがつく,などでしょうか

年末になるとガソリンスタンドの洗車機渋滞が起きるのを見るかぎり,洗車機=キズがつく,というのは間違ったイメージなのかもしれません

洗車機はすみずみまで洗えない

洗車機はデカいブラシをぶるんぶるん回して洗う以上,人の手じゃないと難しいような隙間まで洗うことはできません

ですので,車のすみずみまで洗車機に洗ってもらうことを期待するのは酷かもしれませんね

セルフじゃないガソリンスタンドで洗車機による洗車を頼むと,お店によっては事前にすみずみを洗ってくれたりします

すみずみとは

外車のミラーまわり,大型のミラーまわり

サイドポール

SUVなど大型車についている,小型サイドミラー

ルーフアンテナ

など,洗車機と言いつつ意外と手洗い洗車の部分も多いですね

汚れがひどかったり,虫がついている状態で洗車機に入れると,車がキズついたり,洗車機のブラシに汚れが付きすぎてしまい,次に洗車機に入れる車が汚れてしまいますのでこの場合も事前に洗うようです

手洗い洗車へのイメージと現実

次に,手洗い洗車のイメージを実際を見ていきましょう

手洗い洗車はすみずみまで洗ってくれる

機械よりはすみずみまで洗うことが可能ですが,だからと言ってすみずみまで洗うかどうかは別ですね

洗う人の心理状態やコンディションによっては洗わない可能性もありますし,年末の洗車ラッシュなどは数をさばく必要があるので洗い方が雑になってしまう可能性もあります

ピカピカな車が最高!でも自分では洗いたくない…

そんなタイプの方は,ガソリンスタンドではなく洗車を専門にしているお店に行きましょう

洗車専門の機材が揃っていますので,納得の仕上がりになると思いますよ

アルバイトが洗うとキズがつく

機械だろうが人だろうがキズがつくことは先ほどお話した通りです

ではアルバイトと洗車のプロがどう違うか?

それは早さです

アルバイトに限らず,洗車に慣れていない人が車を洗車すると

同じところを2度洗ってしまう

洗い残しに後から気付いて洗い直しになる

洗車の効率的な身体の動かし方を知らない

など,手際の悪さが出てしまって洗車に時間がかかってしまうんですね

ガソリンスタンドの洗車まとめ

ここまで,ガソリンスタンドの洗車機や手洗い洗車,それぞれのイメージや特徴について書いてきました

ぼくとしては,車は洗車機で十分キレイになると思うのでわざわざ余分にお金をかけなくても…と思ってしまいますが,好みの問題ですね

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA