節約術

オートバックスでのオイル交換の料金・流れ・デメリットがこちら

この記事では,オートバックスでのオイル交換の流れや,気をつけることをまとめています

「ディーラーでのオイル交換が高いから安く済ませたい」

その悩み,よくわかります

オイル交換って1年に1回必要ですし,ディーラーでのオイル交換は高いんですよねぇ

その悩みを解決するのが,オートバックスなどディーラー以外でのオイル交換です

オートバックスなどディーラー以外でのオイル交換方法がわかれば,オイル交換代を安く済ませることができますよ!

写真提供:馬琴(まこと)さん

Instagram Twitter

NDロードスター ブログ S SSP SLP RF ソウルレッド
車のメンテナンス記事まとめ このページでは,車のメンテナンス記事をまとめています NDロードスターのエアコンフィルターを空気清浄機レベルにする ht...

オートバックスでオイル交換とオイルエレメント交換の方法

オートバックスのオイル交換は予約しておこう

オートバックスでオイル交換をする際には,事前に予約しておきましょう

  • ネット
  • アプリ
  • 電話

の3種類から予約できます

https://yoyaku.autobacs.jp/pit_reserve/top.html

オイルエレメント交換の注意

一般的な車種なら店舗にオイルエレメントの在庫があるのですが,外車など台数が少ない車種は適応するオイルエレメントの在庫が無いことがあります

その場合はオイルエレメント取り寄せが必要となり,予約日時が伸びる可能性がありますので,希少車にお乗りの方は直接店舗に在庫確認をして予約しましょう

オートバックスでのエンジンオイル交換のフロー

実際にオートバックスでのオイル交換の流れをご紹介します

受付・オイル選び

事前に予約した時間10分前にはオートバックスに着いているようにします

オートバックスのレジや店内にいる店員さんに,予約メール画面を見せて受付を完了させます

その際,オートバックスの店員さんと,今回入れるオイルを確認します

オートバックス会員かつ以前オイル交換をオートバックスで行っていれば,履歴から前回入れたオイルがわかりますよ

オイルは缶入りの既製品や,オートバックスの量り売りオイルなどから選ぶことができます

量り売りですと缶を持ち帰らずに済むため,家の収納スペースを圧迫することもありません

エンジンオイルは血液だ,と比喩されるくらい大切なものですので,全合成油をこまめにオイル交換できるといいですね

オイル交換は上抜きと下抜きがあり,下抜きのほうが古くなったオイルを抜ききれる&キャップ部に付いた金属バリを取ることができるのでオススメです

が,オイル交換時に技術が低いスタッフさんに当たると起きる問題が,オイルキャップの締めすぎによるネジ舐めです

その場合,オイルタンクごと交換になってしまう致命的なミスですので,不安であれば上抜きでお願いしましょう

工賃の支払い

入れてもらうオイルが決まったら,支払いをします

オートバックスはクレジットカード支払いができます

車をピットイン

支払いを済ませると

「ピット○番へ車をお願いします」

と言われるので,車をピットへ移動させましょう

ピットに行くと作業スタッフが手を上げて案内してくださるので,指示に従い車を停めます

オイル交換作業が終わるまで待機

オイル交換中は,会計の際に渡された番号札を持って待合室で待ちます

待ち時間は平日の昼で約30分です

平日でも仕事帰りの時間帯や,土日は混みますので時間に余裕をもっておきましょう

オイル交換の待ち時間は作業のようすを見たり,雑誌を読んだり,店内の商品を見て時間をつぶせます

オイル交換終了のアナウンスがありますので,番号を呼ばれたらピットへ向かいます

オイルのチェック

ピットに到着したら,作業スタッフさんとオイルの状態を確認します

しっかりチェックして,問題なければOKです

オートバックスでオイル交換すると必要な金額と待ち時間

オートバックスのメンテナンス会員の場合,基本工賃が無料になります

https://www.autobacs.com/static_html/info/card/pointup_card.html

オイル交換とオイルエレメント交換の内訳の一例(大型車,全合成油)を載せておきます

  • エンジンオイル:3800円
  • オイルエレメント:1450円
  • エンジンオイル交換工賃:会員0円
  • オイルエレメント交換工賃:会員0円

普通車で鉱物油の場合は,エンジンオイル代がもっと安くなります

https://www.autobacs.com/static_html/srv/pit/oil.html

オートバックスのオイル交換の注意

と,ここまではオートバックスのオイル交換の流れをまとめましたが,オートバックスでのオイル交換の失敗もあります

オートバックスでエンジンコーティングを押し売りされた

こちらの記事が出典です

https://blog.goo.ne.jp/kanbow/e/50f494378e85340dc04691532e9b9693

オートバックスでオイル交換をした際に,作業が始まった後すぐにピットに呼ばれ,そこにいた作業スタッフから

「オイルがありません」

と告げられ(オイルが無い状態で車が問題なく走るわけがないんですが…),原因をいくつか挙げた後に

「エンジンコーティングをすれば,オイル漏れが直りますよ」

と言うオートバックスのスタッフ

オイル漏れが発覚した場合,正規ディーラーでも町工場でもそんな対応は取りませんが,オートバックスでは推奨の対応のようです

不安を煽って商品を売りつける典型的な押し売りですね

後からオイル交換に来た人にも同じ手法でエンジンコーティングを勧めていたようで

「1万km走行したら,エンジンコーティングの効果が薄れてくるので再施工する必要があります」

と言われるそうです

たった1万kmでオイル漏れが再発するのに,オイル漏れがピタッと止まる魔法のようなコーティングがオートバックスにはあるらしい…

オートバックスでのオイル交換まとめ。当たり外れがあるので信頼の置ける町工場を探そう

ここまでオートバックスでのオイル交換の流れや料金,デメリットをご紹介しました

どうも当たり外れがあるようなので,信頼の置ける町工場でオイル交換をするのがコスパが最も良さそうです

信頼の置ける町工場は,車好きな人から教えてもらう口コミが最も信用できますね

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA